BTOパソコンとは?

BTO=Build to Order の略語で、受注生産という意味です。

店舗でパソコンを購入すると気付かないのですが、Webでは、Fujitsu・DELL・NECなどのパソコンメーカーが、CPU・メモリー・ストレージ・OSのスペック・Officeの有無などを自分で選択して購入できるように専用のサイトが設けられています。

実際は BTOやBTOパソコンというよりも、カスタマイズPCという言葉が使われてます。

受注生産とはありますが、正確には生産されているデスクトップパソコンやノートパソコンをカスタマイズして注文を受けるというかたちになります。完全にすべての構成をカスタマイズできるPCはあまりありません。

ショップ系BTOパソコン

パソコンパーツなどを販売しているパソコンショップ=BTOパソコンという言葉を使うようになっています。BTOパソコンという言葉が広く知られるようになってきたのも、以下のパソコンショップの台頭が大きいです。

  • ドスパラ
  • パソコン工房
  • FRONTIER
  • マウスコンピューター

上記はパソコンメーカーではなく、ATX等の自作パソコンの規格に基いて、パーツを販売・組み立てを請け負っているパソコンショップになります。

DELLやNECなどのメーカーと異なるところは、パソコンショップは主にATX等の自作パソコンの規格に基いて、パーツを組み立てて生産する。ショップで組み立てられた自作パソコンです。

いくつか例外はあるとはいえ、フルタワー・ミドルタワー・マイクロタワーというケースのパソコンやグラフィックボードが増設されているパソコンは、ほとんど自作パソコンと同じ構造であると考えられます。

BTOパソコンはこんな方におすすめ

BTOパソコンは、次にような場合におすすめです。

  • 性能重視でパソコンを選びたい
  • 高性能なパソコン、SSD搭載のパソコンがほしい
  • 8コア・12コアなどハイエンドなCPUを使いたい
  • 画像処理や動画編集、3DCGなど業務用・仕事用で使いたい
  • メーカー製パソコン付属のソフトを使うことはほとんどない
  • あとでパーツを増設できたりするパソコンがほしい

BTOパソコンは、ゲーミングPCが前面に出されることがありますが、これは3D描画やCPUの能力が高いことを表しているということができます。事業所、学術・研究機関でも多数の方が使用しています。

おすすめのBTOパソコンショップ

パソコン工房=国内トップクラス規模を持つBTOメーカー

ゲーミングモデルやクリエイターモデルなど様々なBTOパソコンを取り扱っています
全国展開しているので、店舗数も多いのが特徴

パソコン工房がおすすめな理由

  • 常時キャンペーン中で格安
  • ほとんどの製品が業界最安値をマーク
  • セール中はさらに安く買えます
  • 国産でハイスペックなモデルが多い
  • ケースファンの追加やCPUの水冷化も格安で対応可能

パッケージ化されているため購入時に選択できるパーツの種類が少ないですが、その分価格が安く設定されています。

評判が悪かったのは昔の話?

パソコン工房は、昔は評判が良くなかったようですが、
2013年にプライベートブランド「iiyamaPC」を立ち上げて

国産のハイクオリティなBTOモデルを展開したあたりから高評判に

iiyamaはPC用モニターを40年以上作り続けている国産メーカーで2006年にマウスコンピューター(MCJ)の傘下になりました。
パソコン工房も2007年にMCJの傘下になり、iiyamaとして築き上げてきた国産ブランドの品質を継承しました。

最近では、飛躍的にブランド力を高め、サポートの質、価格面、品質とどれも向上
MCJと同様に電源ユニットの品質が良くなかったという問題も、大幅に改善されており品質面でも評価が高くなっています。

また、格安BTOメーカーにしては珍しくマザーボードの画像とメーカー・型番を公開しているので、コアユーザーから高評判になっています。

更に価格の安さが最安値といっていいほどの設定になっているため
愛用者やリピーターが多く、BTO PCメーカーとしての地位を確立しつつあります。
店舗数が多いことも評判の良さに繋がっており、持ち込み修理のし易さが好評です。





おすすめの記事